MENU

200万円の借金を任意整理で解決するには

 

返済のめどが立たなくなった、200万円もの借金を任意整理で解決できるのでしょうか?

 

もちろん十分に任意整理で解決することは可能です。とにかく、借金はあっという間に大きくなってしまうのは、気が付いたら借金が200万に膨れ上がってしまった事を現実に体験したあなたならお分かりになるでしょう。

 

この先、借金が200万以上に大きくなってしまうと、任意整理での解決は難しくなってしまいます。とにかく一日も早く行動を起こすことが肝心です。

 

特に、もうすでに借り入れした貸金業者から督促を受けているかたは、今すぐに行動して、その督促を止めてもらいましょう。任意整理を依頼すれば、すぐに督促は止まり、さらに返済も一時ストップします。

 

任意整理を依頼することですぐにそのような状況になる為に、今の悶々とした気持ちは晴れ、借金解決のためのモチベーションはグンと上がります。

 

そのためには、あなたのその200万という借金の状況を、弁護士または司法書士に伝えて相談を受けるところがスタート地点です。

 

任意整理は、債務整理の中で一番簡易的に行える借金解決方法です。匿名でも借金相談を受けることができるサービスもありますので、任意整理への最初の一歩がなかなか踏み出せない人は、そのようなサービスからスタートしてみてください。

 

 

 

↓匿名で借金相談できるサービス↓

 

任意整理って?

 

任意整理って減額してもらえない?

 

任意整理の相談を受ける前に、少し任意整理についての情報を入れておきましょう。

 

そもそも債務整理とは、借金の返済が出来なくなってしまった人を助けるための救済処置で、個人再生、自己破産といった債務整理の中のひとつです。

 

しかし任意整理は基本的に借金本体(今残っている200万の元金)の減額はありません。それではなぜ、元金が減額されないのに任意整理で200万もの借金が解決できるのでしょうか?

 

その理由は、何件もの貸金業者から200万もの借金をしているあなたなら、きっと理解してもらえると思います。

 

なぜ任意整理を選ぶ人が多い?

任意整理って?

 

借金で苦しんでいた多くの方たちは、実際に任意整理で借金地獄から生還されています。

 

でもなぜ、元金が減額されない方法なのに、それだけ多くの方が任意整理を選んでいるのでしょう?

 

それは以下の5つのポイントが、任意整理で借金の解決を図るために大きなメリットになっているのではないかと思われます。

 

利息の免除

 

任意整理は基本的に現状の借金の元金の減額はできませんが、利息を免除してもらうことができます。これは大したことはないと感じてしまうかもしれませんが、今まで返済を続けてきたあなたなら、その効力をすぐにお気づきになると思います。

 

今まであなたがしてきた借金返済で、いくら返済してもなかなか元金が減らないため、借金の出口が見えずに途方に暮れたことはありませんか?その元凶である利息がなくなるのです。

 

何しろ、返済した金額すべてが元金の返済に反映されるのですから、目に見えて元金が減っていくことを体感でき、借金完済の出口がはっきり見えだします。

 

過払い金の返還

 

任意整理を始めるにあたって、いままであなたが支払ってきた利息が、利息制限法に違反していないか確認を行います。もし、利息制限法より高い利息を支払っていたばあには、引き直し計算という計算方法で払いすぎていた利息の返還を請求できます。

 

その返還額が多い方では、今残っている元金がなくなってしまったり、逆に支払いすぎていてお金がもどってくる方もまれにいます。

 

※任意整理を行う方のすべての人に過払い金が発生しているということは言えません。そのため、冒頭では、任意整理では基本的に元金の減額は見込めないと述べています。

 

返済が一時的にストップ

 

任意整理を行うことを宣言すると、その後すぐに返済が一時的にストップします。返済を行わなくてよいということです。その期間は、債権者との任意整理の話し合いがつくまで(和解が成立するまで)で、概ね半年くらいです。

 

また、同時にその期間においは利息の発生もありません。さらには、債権者が債務者に対して直接接触する事もできなくなり、すべて委任された弁護士や司法書士を通す事になります。そのことによって、督促や任意整理を行ったことへのクレームなども入ってくることはありません。

 

モチベーションアップ

 

この期間に、借金問題を解決するための心の整理も付き、借金苦からの解放された実感を体感できるので、精神的にかなり楽になります。

 

今、重くのしかかっている返済の恐怖から一時的にでも回避できるこの実感は、本当に大きなことです。

 

何といっても簡易的

 

任意整理は、他の債務整理と違って裁判所を通すことなく、債務者と債権者が任意で交渉を行って和解するシステムなので、非常に簡易的です。

 

そのため、裁判所に申し立てするための手続きやその書類がいりません。また、個人再生も自己破産も、その方法で債務を整理するにはそれに見合った条件をクリアにしなければなりません。

 

さらに、財産のことが関与してきたり、官報にもその旨に掲載されます。

 

任意整理では、官報に記載されることもなく、また煩雑な手続きも必要とされないばかりか、現在持っている財産も守れます。

 

 

 

↓貴方に合った債務整理を探せる↓