200万 借金 任意整理

MENU

借金200万の任意整理の仕方

 

任意整理、わずか3ステップで借金解決?

 

あなたがすることはこの3つだけ。ここ押をさえておけば、200万の任意整理も難しいことはありません!

 

200万の借金を任意整理する

 

返済に困った借金を任意整理しようと思っていても、「どうすればいいのかわからない・・?」「大変そう・・」「ちょっと心配・・」などと、まるで呪縛にかかったようにフリーズしていませんか?

 

そんなあなたを呪縛から解き放ち、任意整理がスムーズにスタートできるよう、任意整理の始め方から、その後の流れに至るまでをご紹介いたしましょう。

 

もしかすると、その内容を見て、あなたは拍子抜けしてしまうかもしれません。

 

何しろ任意整理であなたがすることは「たった3つ」だけ。ここだけ押さえておけば、あなたが思っているほど任意整理は難しいものではありません。

 

 

あなたがすることは、なんとこれだけです!それ以外は全て、あなたの依頼した弁護士、または司法書士が代理人となって全てを執り行ってくれるので、あなたは債権者との和解(※1)を待つだけなんです。

 

和解が成立したら、その内容に従って返済がスタートしますので、利息を免除してもらったり減額されたりして、楽になった返済金を分割で毎月指定された口座に入金すればいいだけです。

 

通常、3〜5年の間に分割で返済を行い、それが完済すれば、晴れてあなたは借金生活から解放されます。

 

苦しい借金生活に別れを告げる任意整理のスタートから和解まで、あなたの行う3ステップをもう少し詳しくご説明していきましょう。

 

(※1)任意整理の和解とは
任意整理では、あなたが委任した弁護士または司法書士が、あなたの代理人となって債権者(借入先)と、あなたの借金の減額や返済方法について交渉にあたります。その結果、双方の妥協点が一致した状況を「和解」と言い、和解が成立すると、その内容に沿って返済が開始されます。

 

 

あなたが行う3つのこと

 

200万の借金の任意整理をスタートさせるために、あなたが行う事は3つとご紹介しました。

 

これ中には、いくつかこまごましたことが含まれますが、それはいずれも事務的なものです。それらは、それ程あなたの手を煩わすものではありませんので、身構える必要はありません。

 

それでは、その3つのことを、ひとつずつご説明していきましょう。

 

任意整理の相談を受ける


200万の借金を任意整理する

 

 

まず一つ目は、任意整理を行う前に債務相談を受けておくということで、3つのポイントの中でも一番重要なポイントです。

 

これは、これから行う任意整理について、あなたの借金の状況や、生活、お仕事(収入)を踏まえたうえで、これからどのように任意整理を行っていけばよいかのアドバイスを受けるものです。

 

その窓口はあなたもご存知のように、弁護士や司法書士の事務所がインターネット上でたくさん開設しています。そのような相談窓口にメールや電話で申し込みすれば、すぐに相談することができます。

 

そして、この相談を受けることで、任意整理をスタートする準備は80%以上済んでしまいます。

 

 

というのも、相談窓口は弁護士や司法書士の事務所が行っているので、そのアドバイスや方法にあなたが納得できたら、そのまま任意整理を依頼することができるからです。

 

モチロン、ひとつだけの相談窓口で即決するのは早計です。できれば2つか3つの窓口で相談を受け、それらを比較してから依頼をかけるといった方法が望ましいでしょう。

 

任意整理は機械的に行うものではなく、色々な借金状況のパターンを、その専門家たちの経験やスキルで解決していきます。そのため、その相談員によって、見解も多少違ってくる場合があります。

 

また、任意整理の費用もそれぞれの事務所によって違いますので、見積もり比較をすることも肝心です。そのようにして、あなたが納得できる任意整理ができると思った弁護士、あるいは司法書士の事務所を選ぶことができます。

 

でも、いくつもの相談を受けるのには、手間と時間がかかってしまいます。特に急いでいる人は、そんな悠長な事をしている時間がないかもしれません。

 

200万の借金を任意整理する

 

そんな時には、一度に3件の相談窓口を紹介してくれ、それぞれの窓口と同時にメールのやり取りが行えるような、比較検討ができるサービスなどを利用すると便利です。

 

また女性には、女性相談員が相談にのってくれる女性専用の窓口もあります。相談者からは、同じ女性が相談相手になってくれると言ことでということで安心感がると評判です。

 

いずれにせよ、いきなり弁護士や司法書士の事務所に飛び込むのではなく、このようなサービスを利用してアドバイスをもらうとともに、あなたに合った依頼先を見つけ出して、第1ポイントから第2ポイントへとスムーズに進んでください。

 

 

 

 

任意整理を依頼する


200万の借金を任意整理する

 

次のポイントは、いよいよ任意整理を行ってもらう所を決め、委任するという行動です。最初の相談窓口を利用して、比較検討が終わっていれば、このポイントは難なくクリアできます。

 

そしてその方法は、あなたがすでに相談を行った窓口の中から一つだけ選び出した窓口の相談員に、ただ任意整理を依頼したい旨を伝えるだけです。

 

すでに相談しているので、あなたの借金状況を先方は承知済みですから話は早いものです。相談時にあなたがアドバイスしてもらった通り、スムーズに任意整理を始める段取りを行ってくれます。

 

後は、申し込みに必要な書類と、委任するという契約書を提出すれば、任意整理のスタート準備は完了します。

 

委任が完了すると、早速あなたが委任した弁護士または司法書士があなたの代理人となって、債権者(借入先)に受任通知書(あなたが任意整理を行いますよと債権者に知らせる手紙)を郵送してくれます。それを債権者が受け取った時点から、いよいよ任意整理がスタートします。

 

そして、ここから先はあなたの代理人が債権者との任意整理の内容について交渉を行ってくれるので、それが済む(和解する)まで、当分あなたの出番はありません。

 

あとは毎月返済額を振り込むだけ


200万の借金を任意整理する

 

 

最後の3つ目にあなたが行うことは、ひたすら真面目にちゃんと返すということです。

 

ステップ1と2を済ませた後、代理人から伝えられた通りに、その交渉結果に従って返済始まります。

 

返済はちょっと厳しいかもしれませんが、利息がなければ返済した分だけ元金がすっきりと減っていくので、返し甲斐があります。

 

それに、借りた元金くらいはしっかりと責任をもって返すのが義理。ここを乗り越えれば、借金とは縁が切れるのですから、とにかく真面目に返済を行って完済を目指してください。

 

この先は確実に夢のある将来が待っています!

 

あなたが、借金200万を任意整理で解決プログラムは、以上の3ステップを行うことで完了します。どうでしたか?任意整理はあなたが思っているほど難しいものでも、面倒なものでもなかったのではないでしょうか?

 

任意整理が始まってしまえば、債権者があなたに何か伝えることがあったとしても、すべてあなたの代理人を通さなくてはならないので、債権者を気にすることなく安心して返済に集中してください。

 

借金は、少しでも早く片付けてしまわないと、あっという間に大きく膨らんでしまいます。任意整理へのアプローチは、このわずか3ステップで完了しますので、1日も早く最初の一歩を踏み出してください。

 

債務整理の流れ(代理人が動いてくれる事柄も含む)の詳細もまとめてありますので、そのページも参考にしてください。

 

あなたが、借金200万の任意整理を始めるには、以上の3ステップを行うだけで完了します。どうでしたか?任意整理はあなたが思っているほど難しいものでも、面倒なものでもなかったのではないでしょうか?

 

任意整理の流れ>>任意整理の流れとその方法

 

ところで任意整理って・・?

 

あなたの200万の借金解決してくれる任意整理とは?

 

200万の借金を任意整理する

 

たとえ、「わずか3ステップで任意整理をスタートできる」としても任意整理自体がどのような方法なのかがわからないと不安ですよね。

 

そのためにも、少し任意整理についての情報を入れておきましょう。

 

任意整理って減額してもらえない?


 

任意整理の相談を受ける前に、少し任意整理についての情報を入れておきましょう。

 

そもそも債務整理とは、借金の返済が出来なくなってしまった人を助けるための救済処置で、個人再生、自己破産といった債務整理の中のひとつです。

 

しかし任意整理は基本的に借金本体(今残っている200万の元金)の減額はありません。それではなぜ、元金が減額されないのに任意整理で200万もの借金が解決できるのでしょうか?

 

その理由は、何件もの貸金業者から200万もの借金をしているあなたなら、きっと理解してもらえると思います。

 

なぜ任意整理を選ぶ人が多い?


任意整理って?

 

借金で苦しんでいた多くの方たちは、実際に任意整理で借金地獄から生還されています。

 

でもなぜ、元金が減額されない方法なのに、それだけ多くの方が任意整理を選んでいるのでしょう?

 

それは以下の5つのポイントが、任意整理で借金の解決を図るために大きなメリットになっているのではないかと思われます。

 

 

任意整理は基本的に現状の借金の元金の減額はできませんが、利息を免除してもらうことができます。これは大したことはないと感じてしまうかもしれませんが、今まで返済を続けてきたあなたなら、その効力をすぐにお気づきになると思います。

 

今まであなたがしてきた借金返済で、いくら返済してもなかなか元金が減らないため、借金の出口が見えずに途方に暮れたことはありませんか?その元凶である利息がなくなるのです。

 

何しろ、返済した金額すべてが元金の返済に反映されるのですから、目に見えて元金が減っていくことを体感でき、借金完済の出口がはっきり見えだします。

 

 

任意整理を始めるにあたって、いままであなたが支払ってきた利息が、利息制限法に違反していないか確認を行います。もし、利息制限法より高い利息を支払っていたばあには、引き直し計算という計算方法で払いすぎていた利息の返還を請求できます。

 

その返還額が多い方では、今残っている元金がなくなってしまったり、逆に支払いすぎていてお金がもどってくる方もまれにいます。

 

※任意整理を行う方のすべての人に過払い金が発生しているということは言えません。そのため、冒頭では、任意整理では基本的に元金の減額は見込めないと述べています。

 

 

任意整理を行うことを宣言すると、その後すぐに返済が一時的にストップします。返済を行わなくてよいということです。その期間は、債権者との任意整理の話し合いがつくまで(和解が成立するまで)で、概ね半年くらいです。

 

また、同時にその期間においは利息の発生もありません。さらには、債権者が債務者に対して直接接触する事もできなくなり、すべて委任された弁護士や司法書士を通す事になります。そのことによって、督促や任意整理を行ったことへのクレームなども入ってくることはありません。

 

 

この期間に、借金問題を解決するための心の整理も付き、借金苦からの解放された実感を体感できるので、精神的にかなり楽になります。

 

今、重くのしかかっている返済の恐怖から一時的にでも回避できるこの実感は、本当に大きなことです。

 

 

任意整理は、他の債務整理と違って裁判所を通すことなく、債務者と債権者が任意で交渉を行って和解するシステムなので、非常に簡易的です。

 

そのため、裁判所に申し立てするための手続きやその書類がいりません。また、個人再生も自己破産も、その方法で債務を整理するにはそれに見合った条件をクリアにしなければなりません。

 

さらに、財産のことが関与してきたり、官報にもその旨に掲載されます。

 

任意整理では、官報に記載されることもなく、また煩雑な手続きも必要とされないばかりか、現在持っている財産も守れます。

 

 

 

↓貴方に合った債務整理を探せる↓

 

200万の借金解決に、なぜ債務整理がベストなのか

 

ここまで、あなたの借金200万を、任意整理することで解決することをご紹介してきました。

 

その理由として、このまま自力で解決しようとすると、さらに借金がかさみ、自己破産をおこなわなければ解決できない状況に追い込まれてしまう危険性があるからです。

 

例えば、自力返済で200万の借金を解決するには、どの様なことをクリアしていかなければならないのかを、ちょっと考えてみましょう。

 

そのことによって、いかに任意整理で借金を解決することが、あなたにとってベストな選択なのかが、きっとご理解いただけると思います。

 

 

200万円の借金の自力解決について考える

 

200万といえば、普通のサラリーマンや主婦の方にとっては、大変大きな金額です。

 

その借金が、今の生活にどれだけの影響を与えているかを認識することから始めてみましょう。

 

200万円の借金返済シュミレーション

 

まずは、200万円の借金の毎月の支払いと、完済までの期間を見てみましょう。

 

ここでは現在の返済額が月に7万円だったとして、完済までの道のりをシミュレーションしてみます。借金額は200万、そしてその利息は、利息制限法の上限である15%で契約しているという設定で計算してみます。

 

7万円(約69,330円)を毎月返済していくと、200万の借金は36回の3年で完済することができます。

 

一方、任意整理の場合は約2年5か月となります。

 

さらに、月に5万円の返済の場合もシミュレーションしてみましょう。

 

けけ遺産の結果は、自力返済では56回払い(4年8か月)で、任意整理の場合には、3年4か月です。

 

そのため、あなたの借金額の200万円では、その範疇になり、正当な取引をしている貸金業者であれば、年利は15%以下に設定されているはずです。

 

利息制限法では、元本の額が100万円以上の場合の利息は、その上限が年利15%以下と定められています。

 

200万円の月の借金返済額と支払総額

 

次に、毎月の返済額と、その金額で返済し続けた場合の支払い総額を見てみましょう。上記の計算を元に、任意整理した場合と比較してみます。

 

月に7万ずつの返済を続けた場合の総支払額は、自力返済の場合、7万円×36回で、約250万となります。一方、任意整理の場合には、利息は免除されているので、支払い総額は、元金そのままの200万円となります。

 

また、毎月5万円の場合、自力返済では5万円×56回払いで、約279万となります。任意整理では、こちらも利息がかかりませんので、支払い総額は200万のままです。

 

自力返済と、任意整理での返済を比較してみましたが、その差は、あなたの目から見ていかがだったでしょうか?

 

 

現在の生活の収支から返済可能かを考える

 

完済までの道のりをみてみましたが、自力返済の年数と金額を完済まで支払えるという確信があれば、もちろん任意整理をおこなう事無く、借金は無事解決できます。

 

また、それぞれの返済総額を比べてみて、数十万の差を承知の上で、苦しい日々の生活に耐えながらも自力返済できるかをよく考えてみてください。

 

今現在、借金の返済に行き詰っているようであれば、生活の収支が全くあっていないということです。

 

そのまま無理をすれば、今後、悲惨な状況に陥てしまうのは、火を見るより明らかです。

 

返済期間と月々の返済計画を立ててみる

 

もし、まだ自力返済の可能性を模索するのであれば、上記で算出した、返済期間と月々の支払いについて、一度きちんとした返済計画書を作ってみることをお勧めします。

 

ここまで借金を続けてしまったのは、頭の中だけの計算上で、自力返済が可能と思っていたかもしれません。実際に紙面にして返済計画表を作ってみて、収入と、細々した支出までを洗い出してみると、その可否がリアルに浮き彫りになると思います。

 

借金200万円の自力返済は難しい?

 

返済計画表を作ってみると、200万の借金の自力返済がどれだけ難しいのかよくわかると思います。

 

とにかく収入は限られています。もし、アルバイトなどでWワークが可能であれば、自力返済にも目途が多雨化もしれません。
その際にも、きちんと収支を面再計画表で確認しながら進めるようにしてください。

 

しかし、もしWワークが可能であれば、自力返済でキツキツの生活を送るより、任意整理をすれば、その分生活にゆとりができ、精神的にも良いのではないかと思います。

 

 

借金が減らない大きな理由

 

借金がなかなか減らない理由の最大の理由は、上記のように利息が存在していることといえます。

 

返しても返しても、200万の元金はなかなか減ってくれません。そんな借入残高をみているだけで、気持ちもなえてきて、精神的にも、借金生活がきつくなってきます。

 

借金の金利(利息)を把握していますか?

 

あなたは借入する前に、このような利息のことを考えていたでしょうか?年利15%の利息が、これほど綿で首を絞められるようなものであったのかと、今になって実感しているのではないでしょうか?

 

また、この利息制限法による利息の上限は、借入金額によって変わってきます。200万の借金を複数の貸金業者から借り入れている場合(多重債務)には、1件100万未満の借り入れになると思います。

 

そうなると、1件当たりの利息制限法の上限は18%〜20%に跳ね上がります。

 

というのも、利息制限法では、元本の額が10万円未満の場合には20%、10万円以上100万円未満の場合では18%まで認められます。

 

そうなると、多数の借入先で、数十万ずつ借り入れしていた場合には、たとえ借金の総額が100万位所でも、個々の借入先の借入額に、それぞれ利息がかかりますので、上限が18%となってきます。

 

借入する時には、とにかく借りることばかりで、あまり利息のことを考えずに借金をしてしまった方も、ここにきて、その利息に苦しめられています。

 

今、あなたが何パーセントの利息で契約しているのかを、今一度確認してみてください。そして、完済するまでその利息がかかってくることをしっかりと肝に銘じてください。

 

現在の借入残高を自力で返済するためには、一体どのくらいの期間返済が続き、トータルでいくら返済しなくてはいけないのかを一度確かめてみてください。
大手のサラ金のホームページにある、返済シミュレーターで、ご自身のリアルな借入残高を入れれば確認することができます。

 

 

金利の支払いを減らすにはおまとめローンも検討

 

自力返済で、金利を下げる方法には、おまとめローンを利用することも一つの手です。

 

特に金利の安い銀行系などが狙い目といえるでしょう。しかし、借金総額200万の多重債務者となると、審査はかなり難しくなります。また、たとえ通ったとしても、その金利は思っていた以上に安くなりません。

 

よく、おまとめローンの金利で数パーセントと記載されていますが、それは最低の金利で審査が通った、ほんの一部の優良顧客に限られます。

 

多重債務者が、審査に通ったとしても、1桁の金利で借り入れできることはかなり難しいと思います。

 

おまとめローンで利息返済を減らせたとしても


もし、おまとめローンで、現在より数パーセント安い金利で乗り換えができたとしても、金利がなくなったわけではありません。

 

例え10%までに年利を押さえられたとして、60回で返済しても、毎月43,408円の支払いで、完済までに合計2,561,069円を必要とします。そして利息の合計は561,069円です。

 

15%の借入のシミュレーションでは、利息の合計が50万弱でしたので、約6〜7万円は安くなる計算ですね。

 

この差をどう見るかは、あなた次第です。

 

 

任意整理で金利をゼロにする

 
おまとめローンの審査に通り、うまく乗り換えができたとしても、数十万円の利息が必要です。それならば、利息が0になる任意整理を選ぶという選択肢が浮上してきます。

もちろん、任意整理は弁護士や司法書士に依頼する際に、任意整理の費用がかかります。その費用と、支払う利息総額を比較して、再度、あなた自身の判断をしてみてください。

任意整理の費用と、利息の総額を比較する



任意整理の費用は、借入件数×成功報酬という計算式になりますので、借入件数が多い場合にはそれなりの費用がかかってしまいます。

例えば、10件の借入件数があって、1件当たり3万円の費用が掛かれば、30万必要になってしまいます。しかし、その費用は、任意整理を依頼する弁護士や司法書士の事務所によって違いがあります。

そのため、任意整理の依頼をかけるときには、ひとつの事務所だけではなく、複数の事務所の費用を比較することが必要です。出来れば、実際に見積もりを取ることが一番いいのですが、いくつもの事務所に相談を依頼するのは、非常に手間がかかります。

その手間を省きたい場合には、一度の申し込みで同時に複数の事務所の見積もりがとれるサービスを利用してみることもお勧めです。