200万 借金 自己破産

MENU

自己破産とは?

 

自己破産と聞くとマイナスの印象があり、もし行なったなら人生のどん底に突き落とされてしまうようなイメージを持っている人がほとんどかもしれません。しかし真実はそれと真逆で、国がその人を救い、人生をリセットして歩み直せるように与えてくれた救済策なのです。

 

自己破産とは申請して通ったら借金が帳消しになり、その後過去に負った負債の責任を負う必要はなくなります。自己破産申請を弁護士に依頼した時点で取りたてから解放され、借金の恐怖を味わわずにすむようになります。

 

もちろん自分が借りたものを返すというのは当然の義務ですが、やむを得ない事情で返せなくなってしまった場合、自己破産によって新たな人生を歩み始めることが出来ます。

 

債務者は地方裁判所に自己破産申告をし、免責許可が下りたなら破産手続きに入ります。これは裁判所から借金を払う必要はもうないということを認めてもらったことになります。

 

この時点で法律的に守られているので、もはや支払に追われ、明日も見えないという日々を過ごすことはありません。

 

自己破産のメリット、デメリット

 

最大のメリットは借金から解放され、負債の責任を追及されることがなくなるということでしょう。今まで返しても返しても一向に減らない金額に悩み、取りたてに恐怖さら感じている人にとっては、これはとても大きな慰めでしょう。

 

もちろんデメリットもあります。もし債務者になんらかの土地や財産があるなら、それが現金化され手放すことが求められます。それは、債務者のもつ家や車、将来受け取る予定であった退職金の一部など財産を手放さなければならないということです。

 

また弁護士や司法書士、保険外交官など自己破産者がなれない職に就いている場合、その職の資格の制限を受けることになります。

 

自己破産は裁判所へ破産を申し立てることから始まりますので、多くの人に知られてしまったり、官報に名前が載ってしまうというデメリットもあります。国の救済策とはいえ世間の自己破産者へのイメージは冷たいものなので、世間からの風当たりは強くなるかもしれません。

 

信用情報にも載るため、破産申告後約7年間はクレジットカードの申請が通らず、カードでローンを組むことはできなくなります。借金が払う能力がないことで自己破産したのですから、当然と言えば当然のことですね。

 

また一番考えないといけないのは保証人のことです。自己破産者は申請が通れば借金から逃れることができますが、それは返済の義務が保証人に移るという事です。

 

保証人が親類や友人の場合、その人との人間関係に大きな影響を与えるのは必至でしょう。そのことを良く考えた上で決定しなければなりません。

 

自己破産はこんな人におすすめ

 

どうしても借金返済のめどが立たず、首が回らない状態に立っている人は、自己破産という方法で人生を再スタートするのもいいかもしれません。
病気や失業などで返済能力がない場合は、借金という重荷から解放される、この救済策に頼るのも一つの手です。