200万 借金 個人再生

MENU

個人再生とは

 

個人再生とは、借金が膨らんでしまい返せる目処が無くなってしまった場合、借金の減額を求めて行う負債整理のひとつです。

 

これだけを見ると任意整理と似ているように思いますが、その違いはどの様なところにあるのでしょうか?

 

任意整理と個人再生の両方とも、借金の減額を求める行動を起こすという点は同じです。また、借金を0にすることが目的ではないという点でも共通しています。

 

大きく異なるのは、任意整理では債務者と金融会社が交渉によって解決するのに対し、個人再生は裁判所を通し、法的に借金を減額する処置だという事です。

 

さらに、 任意整理の場合には、今後の利息分をカットするといった解決策が提案されますが、個人再生の場合では、借金額が原則的に1/5と、大幅に減らせる点でも違いがみられます。

 

ただ、個人再生の場合には裁判所を通すので、官報に記載されてしまいます。任意整理では官報に名前が記載されることはありません。

 

個人再生のメリット、デメリット

 

一番大きなメリットは借金額を大幅に減らせられるということ事です。また、自己破産とは違い、住宅ローンが残っている家に関しては手放さなくてもいいというメリットもあります。

 

相手金融会社に介入通知が届いた時点で取りたてがなくなります。毎日取り立てに怯えたり、借金を気に病むことがなくなるというのは大きな利点ではないでしょうか。またギャンブルといった100%本人の悪癖や浪費による借金でも適用内です。

 

デメリットと言えば、借金額は減るものの、0にはならないという事です。そのため今後も安定的に収入がある人でなければ行うことはできません。

 

また個人再生を行ってから5〜10年はクレジットカードを作ることができません。カード会社が共有している信用情報に個人再生を行ったことが記載されてしまうからです。

 

さらに、これは大きなデメリットとは言えませんが、個人再生をするにはいくつかの条件があります。

 

個人再生の負債総額の上限は、住宅ローンを除いて5000万円です。それ以上借金のある人は適用されませんので、その場合は自己破産を考えるといいかもしれません。

 

また、500万以下の負債額の場合には、その返済額は一律100万円となっています。そのため、100万程度の借金額の場合でも、100万円は返済しなければならないので、減額の効果は見込めません。

 

 

個人再生は、こんな人におすすめ

 

借金の総額が多く、任意整理での減額が見込めないような方にはありがたい方法だと思います。

 

例えば、借金総額が300万円の場合、任意整理で減額がなければ、利息は免除されても、その300万円の元金はすべて偏差しなくてはなりません。しかし、個人再生なら、100万円の返済のみで解決してしまいます。

 

借金を返せそうにないが、自己破産だけは避けたいという人も、個人再生なら受け入れられるかもしれません。