任意整理 タイミング 流れ

MENU

任意整理の流れ

任意整理を行うときには、どのような流れで進めていけばよいのでしょうか?

 

任意整理の流れ

 

任意整理を検討する際に、その流れや方法をある程度は頭に入れておくことも必要です。ここでは、任意整理を進めていく順番に沿って説明してみましょう。

 

まずは箇条書きで記載してみましたので、大まかな流れをつかんでください。その後に、それぞれの任意整理の手順ややり方について、一つずつ追ってご説明いたします。

 

任意整理の流れ

任意整理の流れ

  • 任意整理の相談
  • 任意整理の依頼
  • 任意整理の受任通知発送
  • 督促のストップ
  • 返済のストップ
  • 任意整理費用の支払い
  • 債務調査
  • 債務整理案作成
  • 債務確定
  • 交渉開始
  • 和解
  • 返済開始
  • 完済
  • 任意整理終了

 

このように書き出してみると、いろいろ大変そうですが、あなたがかかわるところは実際にはいくつもありません。

 

しいてあげれば、あなたが行うことは次のわずか3つ。「債務相談を受ける」ことと、その後の「任意整理を委任」すること、そして、和解後の「返済をきちんと行う」ということ。ただこれだけで、めでたく借金生活に終止符が打たれます。

 

それ以外は、すべてあなたが依頼した弁護士、または司法書士が行ってくれます。

 

どうでしょう。あなたが思っていた以上に、あなたが関与することは少なくありませんか?それでは、それぞれについてご説明していきましょう。

任意整理の流れの詳細

任意整理相談と委任

任意整理の相談

任意整理を行う際には、弁護士や司法書士の事務所をいくつか比較してから依頼をすることをお勧めします。
いきなり依頼を申し込むよりも、まずはどの様な事務所かを知っておきましょう。

 

尚、多重債務で、複数の債権者がある場合には、以下の行程はそれぞれの債権者ごとに個別で行われていきます。

 

※任意整理の相談については、こちらのページで詳しくご紹介しています>>任意整理の相談

任意整理を委任する

任意整理は、弁護士または司法書士に委任して行ってもらうことになりますが、弁護士または司法書士(以後は代理人と称します)の事務所のいくつかで、あらかじめ相談を受けていている場合には、その中で納得できた事務所ですぐに委任手続きを取ることができます。

 

任意整理を受ける際には、現在のあなたの借金状況や生活および収入状況などをヒアリングしてもらう必要がありますので、前もって相談を受けておく事をお勧めします。

 

また、委任する際には、その事務所との取り交わしや、任意整理を行う資料となる書類が必要となるので、委任する事務所に確認して漏れの内容に用意してください。

 

任意整理の受任通知発送と督促・返済のストップ

任意整理の受任通知発送

債権者(借金の借り入れ先)に対して、あなたから、代理人が任意整理の委任を受けたということを知らせる「受任通知」が送付されます。この受任通知の送付が実質上の任意整理のスタートとなります。

 

督促のストップ

受任通知が債権者の元に届いた時点から、法によって督促や取り立て行為を行うことは禁じられます。そのため、たとえ督促の嵐となっている場合でも、その督促はすぐに止まります。

 

※もし、督促や取り立て行為をやめない場合には、その業者は法によって禁じられていますので、依頼した弁護士または司法書士に、その旨連絡してください。

 

返済のストップ

督促同様に、受任通知が債権者の元に届いた時点から、債権者との和解が済むまでに期間一時的に返済がストップされます。その期間は、返済がストップするだけではなく、利息の発生も止まります。
一時的とはいっても、借金に疲れ果てた心身がほっと一息つけ、落ち着きを取り戻せる期間でもあります。

 

任意整理費用の支払い

多くの債務者は、任意整理を行う費用の工面は容易なものではありません。

 

そのため、その費用がないからと債務整理を見合わせていらっしゃいます。しかし、ほとんどの弁護士及び司法書士事務所では、任意整理をはじめ債務整理の費用の支払いは、手付金のような先払いが発生することはありません。

 

その支払いはいつどのように行うのでしょう?その方法はというと、多くの場合、任意整理の委任後に返済がストップしている間を使って、分割で支払いをしてしまう方法がとられています。

 

これなら、今、手持ちのお金がないとしても、すぐに任意整理を申し込むことができますね。

 

債務調査と債務確定

債務調査

代理人は債権者に受任通知を送った後に、あなたの借金の内容の調査を始めます。この調査が「債務調査」と呼ばれ、どこからいくら借り入れがあり、その利息や、過去の返済記録などを詳しく調べ、あなたの債務の実態をはっきりさせていきます。

 

債務確定

 

「債務確定」とは、債務調査の結果、あなたが任意整理で返済すべき金額が確定した事を指します。その金額元に債権者と返済額の交渉が行われます。

 

債務整理案作成

任意整理後に、あなたが弁済するべき金額を返済する期間は3年から5年です。代理人は、その期間に、あなたの生活に支障なく、且つ滞りのないように返済できるように案を練ります。

 

これを「債務計画案」といい、債権者に提出されて交渉の元とされます。

 

交渉開始

 

「債務調査」と「債務計画案」の作業が終わると、その「債務調査」ではじき出された「債務の確定」の金額と、「債務計画案」を債権者に認めてもら得るように交渉が始まります。

 

この交渉の期間は、和解に至るまでに、概ね3〜6か月程度かかります。その間あなたはというと、ただ交渉の結果を待つのみ。何もする必要はありません。

 

任意整理の和解と返済開始

 

任意整理の和解

あなたの代理人と債権者との双方の言い分がまとまると、任意整理の和解が成立となります。

 

但し、借り入れ先が複数ある場合には、交渉もそれぞれ個別に行っていくため、すべて同じ日に和解に至るというものではなく、全てが和解するまでには多少タイムラグが生じます。

 

返済開始

 

和解成立後、止まっていた返済が和解の結果をもとに再開されます。その返済は、和解交渉で決められた金額を、同じく和解で決められた期間(3〜5年の間)で行っていきます。

 

返済の方法は、あなた自身が債権者から指定された銀行口座に、個別に振り込みをするか、代理人の事務所に一括して振り込み、事務所から債権者に振り込んでもらうなど、委任した事務所によって違いがあります。

 

完済と任意整理終了

 

和解交渉で決められた返済額を、決められた期間返済を続けて完済に至ると、晴れたあなたは借金から解放されます。

 

3年から5年は、かなり長い期間ではありますが、何事も終わってみるとあっという間です。どうか一日も早く任意整理を始め、一日も早く完済を迎えられるよう、頑張ってください!

 

あなたの完済を、私どもスタッフ一同も心からお祈りしています!